Welcome to Delicate template
Header
Just another WordPress site
Header

GL008

  • 一般的にはホームページ制作は30万円位かかります。
  • やすい業者もあります。
  • ただ、安い業者のコンテンツは満足の行くものではありません。

今、私達がホームページ制作をお願いした場合300000円程度かかるところが多いのでしょうか。

しかし、実際にはホームページ制作業者にはもう一つの流れがあり、激安でホームページの制作が出来ます。
大体激安の場合、50000円程度で出来ると言う話しではありませんか。
高いのがいいか、安いのがいいかと言えば私達は絶対的に安いものがいいと言うはずです。
しかし、実際に激安ホームページ業者とはどんな感じなのでしょうか。
なぜ、こんなに料金の差が生まれてしまうのでしょうか。

実際に、50000円ホームページもそこそこの出来映えなのです。

ホームページは料金が高ければ高い程いいといういい方もしたくはありませんが、つまり、高い料金の業者は隠れた努力も一杯してくれます。
聞き込みによって、集客出来るコンテンツを制作してくれます。
いわば、ホームページ業者とはコンサルティング業務のようなものなのです。
そこそこのホームページも50000円で出来ます。
しかし、高い料金のホームページにはやっぱり歴然とした違いが存在します。
激安だから、コンテンツも自分で考案しなければならないことも多いのです。

デザインがそこそこだけど、コンテンツがつまらないホームページは魅力のないホームページです。

GL138
東京 ホームページ制作

会社のホームページ制作料金が不透明なわけ

2月 10th, 2014 | Posted by admin in ホームページ - (コメントは受け付けていません。)

会社のホームページを作成してくれる企業はたくさんあります。

では実際、料金としていくらかかるのかというとこれが意外と不透明な部分だったりします。
ホームページを作る場合、画像・ロゴの使用をすることがほとんどですが、まずその加工処理に要する費用がかかってきます。
また、当然ながらデザイン費、スクリプト設計費、ディレクション費用、その他ページ作成費などがそれぞれかかります。
ホームページの作成をする場合、全て同じ条件で作成するわけではありませんよね。
ですから、これはかかった費用を請求するというスタイルをとることになってしまいがちです。GD151_L
そのため、1つのホームページ作成でいくらになりますというはっきりとした金額提示をしていないサイトさんが多いというわけです。
上で挙げたそれぞれの費用にしても、最低いくらからというのはあっても上限が見えません。
素人からすると何にどのくらい費用がかかるのかなんてわかりませんから、悪質な業者に頼んでしまい請求書をみて驚愕するということすらあります。
はっきり言ってしまうと、技術料という感じなので作成側からすると自身の設定金額でいけるということになります。
これがホームページ作成料が不透明になりがちな理由といえます。

ホームページ制作

デザイン会社を利用して売れるホームページ制作を

1月 18th, 2014 | Posted by admin in デザイン会社 | ホームページ - (コメントは受け付けていません。)

先行き不透明な経済状況のなか、消費者の商品、サービスを選ぶ目はどんどん厳しくなっており、今の世の中は簡単に物の売れる時代ではありません。

FZ084_L

そんな中で消費者に自社の商品を買って頂くには、効果的な宣伝が必要不可欠です。さらに、今は老若男女問わず、ネットを利用する人が増えていて、ネットで買い物をする時代です。このチャンスを逃す手はありません。ぜひホームページ制作をして、自社の商品、サービスをアピールしましょう。しかし、本格的なホームページ制作をしようとすると、大変な手間と、専門知識が必要となります。日々の業務をしながらホームページ制作の作業をするのは、かなり困難と言えるでしょう。そこで、各企業は、デザイン会社にホームページ制作の依頼をしているのです。デザイン会社には、美大や美術系専門学校を卒業したデザインのプロが多数います。そして、依頼者の業務内容や要望を詳しく聞いて、消費者にどのようにアプローチしたいかを確認し、それに沿って制作を進めていきます。デザインのプロですから、どのような色使い、文章の配置にしたら消費者の目に止まりやすいかなどもきちんと考慮しています。デザイン会社と言ってもいろいろあります。ホームページ制作をデザイン会社に依頼しようと思ったら、やはりホームページ制作に強いデザイン会社を選ぶと良いでしょう。サーチエンジン対策をしっかりと行い、検索エンジンの上位に自社のホームページが表示されるように配慮してくれるデザイン会社が望ましいと言えます。

SEO対策とデザインとは何か

1月 5th, 2014 | Posted by admin in デザイン会社 | ホームページ - (コメントは受け付けていません。)

ホームページをせっかく作成しても、誰も見てくれないという状態では作った意味がありません。

JP139_350A
始めは自分のホームページがあるという事を誰も知りませんので、宣伝を行う場合などもありますが、ショッピングサイトやアフィリエイトなどのサイトのデザインであればともかく、趣味で作ったホームページを宣伝する人はあまりいません。
そんな時にはSEO対策と呼ばれている方法を用いて検索エンジンに探しやすくしてもらう方法が一般的ですし、商用サイトにも用いられている方法です。
SEOとは検索エンジンの最適化という意味で、HTMLタグなどの間違いや無駄をなくす事で、検索エンジンに上位表示してもらう為の方法として知られています。
他にも色々なサイトとリンクをする事でもSEO対策ができるのですが、このSEO対策というのは、HTMLの間違いや無駄をなくす対策や、メタタグやサイトマップなどを作成する方法を内部対策、色々なサイトとリンクを張る事を外部対策と呼んでいます。
どちらもかなりのデザイン効果を得ることができるのですが、現在では内部対策を行うのはもはや常識となっているので、殆どの人が行っている方法なのです。
よって外部対策の方をいかにしっかりとできるかが検索エンジンの上位表示に影響してくるという訳です。
ただし、過剰なSEO対策は検索エンジンスパムと言って、検索エンジンから弾かれてしまうので注意しましょう。

デザイン会社が実際にホームページ制作をすると、きっとそのホームページはとてもいいものになると自分は思っています。

JP167_350A

デザイン会社なので、きっとデザインが良いものになるので、見る人がとてもたくさんいるはずです。なので、ある意味ホームページ制作を頼まれた人にとっては少しプレッシャーになるかもしれませんので、デザインのセンスがとてもいい人が作ればいいなと思います。

もし、デザインのセンスがとても良いがホームページ制作をしたことがないとするならば、誰かホームページについて詳しい人と一緒に作っていけばとてもいいものになるはずです。なので、自分はあまりデザイン会社のホームページを見たことがないので、機会があれば、見てみたいです。

そして、自分もそれを見ていつかホームページを作るときの参考になればいいなと思います。さらに、デザインがとても良かったとするならば、そのデザイン会社の名前を覚えておいて、その会社で実際にデザインされているものなどをチェックしてみるのもいいかもしれません。

もしかしたら、自分が求めていたものが見つかるかもしれないので、なので、本当にいつかいろいろなデザイン会社のホームページを見てみたいなと思います。

デザイン会社によるホームページ制作のプロの香り

12月 28th, 2013 | Posted by admin in デザイン会社 | 未分類 - (コメントは受け付けていません。)

眠らぬ営業社員と言われるのが、企業のホームページである。

JP200_350A

自社のホームページに営業力を持たせるには、多くの工夫とノウハウが必要である。

そんなホームページ制作を専門に請け負うのが、デザイン会社である。IT時代の新しい職種であり、様々な分野の知恵とセンスとデザイン力が総動員される総合技術とも言うべき職種である。企業は、顧客に、その存在をアピールし、その技術的強みと製品を認識させ、多くの商機を待ち望んでいる。従来の絨毯爆撃的な飛び込み営業では、門前払いばかりで非効率で営業コストもかかり、営業社員も苦しい。若い社員なら、挫ける人も多いだろう。

そこで、訴求力があり、集客力があり、効果的な一騎当千の、24時間営業力を発揮する自社ホームページを誰しも望むだろう。

そんなホームページ制作の多くのノウハウを有するデザイン会社は、企業にとって、非常に頼りになる存在である。これと類似の職種で類似点があるのは、時間も文才もないスポーツ選手や政治家や芸能人が本を出して、自分の主張を世に問う場合、よく使われるゴーストライターである。ゴーストライターというと、あまり肯定的なイメージはないが、アメリカ大統領の演説はすべてスピーチライターと言われるゴーストライターである。

文才のあるライターが、スポーツ選手や政治家や芸能人と面接しその言わんとするところの取材を重ね、十分な材料を得たところで、本人に成り代わって、その思いの丈を文才をフル動員させ、書き上げる。

そのライターの仕事とホームページ制作のデザイン会社とは、類似点がある。依頼者の意向に沿って、本を書くこととホームページ制作の違いである。いずれも、顧客に、インパクトのある制作物をつくる責任を有するプロである。

依頼起業の経営方針や営業戦略を明確化し、ターゲットとする顧客層はどこか、自社の商品とサービスの強みは何か、競合企業と差別化できるアピールポイントなどを読みやすく、見やすく、わかりやすいホームページ制作には、デザイン会社の総力が投入されている。

 

 

 

初めてホームページ制作をデザイン会社に頼んでみました。

12月 28th, 2013 | Posted by admin in デザイン会社 | ホームページ - (コメントは受け付けていません。)

私は趣味でホームページを作る事があるのですが、独学や個人でできる能力には限界があると思っています。そして、人を集めてより良いホームページ制作を行おうと思ってはいるのですが、資金面で叶えることができませんでした。そこで、先日私はデザイン会社にホームページを依頼しました。そこで依頼した会社は仕事が早く、私の提案を何度も親身になって聴いてくださいました。完成までに一週間程かかりましたが、それはどこも同じくらいだと考えております。お金を支払って物を受け取る訳ですので、中途半端な物では依頼者側からしたら困ります。数多くあるデザイン会社の中でとても良い会社を選ぶことができました。まずホームページ制作で大事なのは、目的と目標とターゲットを考えることだと思いました。どのような雰囲気のホームページにするのかを考える事も大事だと思います。また、小さな目標でもいいので目標を立てること。例えば、一日一回の更新を心がけたり、一ヶ月後の訪問数が何人以上を、などです。また、ターゲットを絞ることでより多くのアクセルを生み出すことができると思います。ホームページ制作は難しいですが、個性によって様々なホームページができると思うので、是非デザイン会社に依頼するなり、自作するなりしてみてはいかがでしょうか。